2009年 1月 の記事

『ALPINE GOLF RESORT CHIANGMAI』の巻

新年2回目の挑戦は昨年、Chiangmaiまで行ったがラウンドが出来なかったChiangmai地区最新の「Alpine Golf Resort Chiangmai」に挑戦状を頂きました。
バンコクのAlpine Golfはタイでゴルフをする方なら誰もが知っている超有名名門ゴルフ場!!の姉妹コースがAlpine Chiangmai。
コースメンテナンスやクラブハウス、カートやキャディーまで全てバンコクのAlpineと同等のクオリティーを誇るという噂!!
これは早速挑戦をしなければと、タイ航空に連絡しBardy特別割引料金にて航空券を手配。実際は割引にはなっていない正規料金・・・・意外とコネクションは無いBardy。。
Chiangmaiに到着し空港から直接ゴルフ場へ、今回の旅はAlpineのみの目的の為夕方便で直ぐにバンコクに戻る予定の0泊1日1ラウンドのBardy得意のスケジュール!!

早速、ゴルフ場に到着しBardyのバッグをキャディーさんに渡そうとした時、
「えっ?」何だかキャディーさんが不思議な視線を送ってきます。
何だろうこの空気はと考える事5秒。「あ~~!!」分かりました。
以前もカンボジアに行った時に感じた事があるこの空気!!
間違いありません♪
ハンサムなこの私Bardyを見てどこの芸能人が来たのかと驚いているのです!!

キャディーさんの熱い視線に送られながらクラブハウスに行くと、そこには記念碑みたいな所に多くのサインが記載されております。関係者なのかプロゴルファーなのか分からなかったのですが、このBardyはサインを求められなかった事が少々残念。。。。

戦闘服に着替えクラブハウスから外に出ると、Chiangmaiの山々に囲まれた広大なゴルフ場が目の前に・・・・Chiangmaiには素晴らしいゴルフ場が多々あるがAlpineはまた違った雰囲気のゴルフ場という第一印象。。
Bangkokから移動させてきたカートに乗り込み早速戦闘開始!!

とっスタートする前にAlpineならではの恒例のグリーンスピード確認。
Chiangmaiにもちゃんと表示看板があるか確認をすると、ちゃんとありました。
本日のグリーンスピードはちなみに9フィート。
8.4フィートが普通のグリーンなので本日は通常のグリーンスピードとなっているので安心。男子プロのトーナメントになると12~15フィートになる事もあるとの事。。。。私Bardyの過去最高に速いグリーンは13フィート!!
下りラインで少し触るだけでコロコロと坂の下まで転がる勢いで非常に難しかった記憶があります。でも本日は9フィートなので強気のパットでいきたいと思います。

若干肌寒いChiangmaiでの1打目は・・・・・・・・・何だかへなちょこな
スライスボール。写真のスイングを見て愕然。。。めちゃくちゃフェースが寝ているのでそりゃースライスボールになるよな~と反省。。。

コース内は意外と広かったり、林に入っても意外と打てたりするので気持ち的にイケイケドンドン(死語??)でかなりアグレッシブゴルフのBardy。
しかしここはAlpine。ただではバーディーを取らしてはくれません。BangkokのAlpineの様に巧みに池とフェアウェーのアンジュレーションが微妙にショットをぶれさせます。ここら辺がAlpineの憎い所で、目には中々映らない罠や、知らずにコーストリックに陥る設計。Bangkokの Alpineでもコースの左右前後にある木々の影響で目の錯覚が起こり真っ直ぐスタンスしているつもりが若干違う方向を向いていたりさせる、名門コースの凄い罠!!
ちなみにBardyはBangkokのAlpineを50回以上ラウンドしているがいまだにトリックにはまっています・・・・・

まだ新設コースの為、このコースを知り尽くしているキャディーさんが居ない為、二人三脚で何とかコース攻略に挑むが、中々甘くはないですAlpine!!
ゴルフ場に派手さはそこまで無いのですが、さすが名門Alpineと言いたくなるようなメンテナンス、設計、Etc………..全部ですね!!
私Bardyは派手なコースも好きですが、隠れた派手さと飾らない難しさを持つ山岳コースが非常に好きなのでこのAlpine Chiangmaiはつぼにはまります。
むしろ1週間ぐらいゴルフ場に泊まってコースを隅々まで知り尽くしてからバンコクに帰ろうかなと考えている今日現在です。。。。

本日の結果は43.46の89で何とか90台だけは行かないように出来たが、Alpineにしてやられた感が非常にあり、悔しいBardyはTGに連絡帰りの便を明日に変更してもらい、Alpineに宿泊し明日もう1ラウンドする事に決定!!
新築のAlpineホテルでゆっくりと本日の戦いの復習と明日の予習をシュミレーションしたいと思います。

『UNICO GRANDE GOLF COURSE』の巻

明けましておめでとう御座います。
2009年の今年は皆様にとって最高のゴルフ年になる様に私BARDYから一言!!
「常にマン振りアグレッシブGOLF2009」

2009年最初のゴルフリポートはバンコクで一番交通の便が良く、1日の時間を有意義に使えるゴルフ場「UNICO GRANDE GOLF COURSE」からです。
バンコクのメイン道路のラマ9世通りをアソークの交差点からスワナプーム空港方面に車で約10分ほど走り、シーナカリン道路から約10分と非常に近く便利!
タイ人の中には朝一でハーフラウンドをしてから仕事に行く方もいらっしゃるほど、便利なゴルフ場!!

更に全面改装もしてあり凄く綺麗なクラブハウスがお客様を気持ちよくお出迎えしてくれます。
綺麗なクラブハウスはやっぱり気持ちがいいな~~。。

新年1発目のショットは百選練磨のBARDYでもやはり緊張します・・・・
でも日本とは違い、新年といっても27度以上の気温の為寒さで体が凍える事も、
手がかじかむ事も無いので何だか普通な気分になってしまいやすいのだが、あえて自分の心の中に大きなハードルを作り「今年1番のショットが良ければ2009年のBARDYゴルフは最高!!」みたいな・・・・

最高なショットが!!!
本日の相方のキャディーさん達もビックリ、、「お客さんプロですか?」と言われる程の爆発ドライバー。。
正直、2009年のBARDYは2008年とは違います。何が違うって気合がちがいます!!今年のテーマは「バーディー量産」です。。

『番外編』
幻の0番ホール!?
よーく見ると10番の1が取れて0番になっているだけでした・・・

さてさて今年1番のショットでスタートした私BARDYは、見事2オン成功!!
更に1パットでのバーディー!!
今年はやっぱり気合が違います。いつものBARDYではありません!

こちらのUNICOゴルフ場はラフの幅が非常に狭くラフを越えて曲がってしまうと、殆どのホール横に小川が広~い口を広げて待っている為絶対にショットを曲げてはいけない!!だが徐々にショットが曲がり始めたBARDYの前半の池の数4個・・・・・・今年もゴルフ場に負けてしまうのか。。。。

更に新年のあいさつの電話を沢山頂きショットに集中できないBARDYは。。


ショットが更に曲がり、トラブルショットに・・・・・・・・・


トラブルショットからやっと脱出したと思ったら更にトラブル!!

新年のゴルフは最高の天気に恵まれ、最高のバーディーでスタートし、素晴らしいゴルフ場で迎え、全てが昨晩夜なべしてシュミレーションした通りの戦運びだったのに、何処でどう狂ってきたのか・・・・もしくは2009年も天狗にならないようにとゴルフの神様が下した試練なのか??ただ単にUNICOゴルフ場の絶妙なレイアウトを攻略出来ていないだけなのか??
答えは分かりませんが、一つ言える事は気持ちが折れかかっているという事実。
寂しい背中が物語っています・・・

優しいキャディーさんが色々とアドバイスをくれます。
こんなに優しいキャディーさんもここ最近久々です。少しずつ折れかかっていた心もキャディーさんの優しさで持ち直し再び今年のテーマのアグレッシブゴルフに復活!!
連続バーディーで16番を迎え最後の上がり3ホールに来た所で28オーバー。。
新年ゴルフは100だけは越えたくありません。絶対に嫌です!!

UNICOゴルフ場はとにかく左右の池に気をつけなくてはいけません。
更にグリーン周りのバンカーの顎が非常に高い為、バンカーにも入れてはいけません。かなりショットに気を使います。
バンカーに入れてしまったら慎重にショットをしなくてはいけません。何故なら
グリーンが小さいからです!!

必死の思いで2パーの1バーディーをもぎ取り、99でフィニッシュ!!
下手なんだか上手いんだか分からない私BARDYの2009年最初の戦いでしたが、
終わった瞬間心の底から、『いいゴルフ場だったな~』と。。

今までUNICOは近すぎたのか、縁が無かったのかチャレンジする機会がなかったのですが、今回はっきり分かりました『灯台下暗し』!!
バンコクから最も近いゴルフ場がこんなにチャレンジングで尚且つ面白くていいのでしょうか?長い時間を掛けて他のゴルフ場に行かなくてもUNICOで最高のゴルフ日が送れると思う今日この頃でした。
UNICOで平日の朝一にバーディーを量産している男がいたら間違いなくそれは私BARDYです!!一言声を掛けてください。『仕事しろ!!』と・・・

TOP