カテゴリー : その他

【Chonburi-Pattaya Golf Festival 2010】の巻き

私、Mr,Birdyは今回Chonburi-Pattaya Golf Festival 2010に参加してまいりました。2010年5月~10月迄毎月第一土曜日に開催されるこの大会、15箇所のゴルフ場で同時開催されています。15箇所の指定ゴルフ場で自分の得意なゴルフ場を選び、参加し優勝を毎月決定します。5ヶ月×15ゴルフ場×優勝者で75人の優勝者が集まり10月2日に優勝者だけの決勝大会を行います。

今回参加した場所はBurapha Golf Club。非常に難易度が高く戦略性の優れている為、優勝を狙うには中々ハードルが高いコースですがあえて私Birdyは難しいコースで優勝を狙います!!

若干、天気は曇り空でしたが雨が降らなければ涼しくゴルフをするには最高の土曜日・・・・。Birdyのゴルフ仲間は優勝をする為に難易度の低いコースを選んで参加しているので本日は競技志向のゴルファーとのラウンドです。

シンハー契約のプロ?のタイ人女性とのラウンドですが、美人だしゴルフは上手いしBirdyゴルフよりも彼女が気になり集中できません。しかし彼女から一言「
ゴルフがうまい男性がタイプです」との言葉に・・・・新婚のBirdyも気合が入りゴルフに集中です。

相変わらずの左肘引っ張りショットですが、Burapha Golf Clubの脱出困難なバンカーを次々と攻略していきます。実はこの大会15箇所のゴルフ場でどこでも大会参加をすると参加費が通常のラウンド料金よりも破格に安く更にパーティーの食事までついてくるから非常にお得!!土曜日にパタヤ地区でゴルフの予定がある場合は、この大会に参加すると非常にお得です!!

さて肝心のBirdyのゴルフはというと・・・・・・・。Burapha Golf Club最高に難しいです。流石数々の有名プロゴルフトーナメントが行われるゴルフ場だけあってバンカーを攻略しても粘りのラフが半端じゃありません。

ラフに入れてしまうと場所によっては全くボールが見えなくなり。。。プロの試合を見ているような場面に遭遇することも多々あります・・・。流石のラフにBirdyも手も足も出ません。

実はこちらのBurapha Golf Clubはクラブタイランドの会員様に毎年お渡しさしていただいている加盟店情報記載のパスポートブックの表紙になっているゴルフ場です。パタヤの海まで見渡せる広大な景色のゴルフ場はゴルファーを吸い込んでしまうほどの迫力があります。恐らくBirdyの経験上この景色はパタヤ地区No1ではないでしょうか。

この最高の景色のホールからのティーショットはマジで感動です。ゴルフをやっていて本当に良かったと思える景色に大興奮のBirdy、、、ティーショットの行方は?

最高の景色で最低のショットと非常に残念なBirdy。。。
今までBurapha Golf Clubの事をチャレンジコースと呼んでいましたが、これからは超チャレンジコースと変更させてもらいます。

そんなこんなであっという間に18ホールが終了してしまい、Birdyのスコアーは89と超平凡。。。しかしこの大会36ホールシステムのスコアー集計システムの為、Birdyにもまだまだチャンスはあります♪♪

Birdy優勝!!違います。。。ラッキードローをドイツ人のお客さんに渡しただけ、、何でBirdyが表彰してるの??実はBurapha Golf ClubのGMと大の仲良しのBirdyは表彰式のお手伝い。。。優勝者、ラッキードローの受賞者と一緒に記念撮影♪Birdyの順位はというと惜しくも17位。。(惜しくね~)
今回非常に悔しい思いをしたので、8月7日大会と9月4日大会に出場予定!!
場所は15箇所の中から比較的簡単な超リゾートゴルフ場に参加する予定です。

チョンブリ・パタヤゴルフフェスティバル2010開催!!

Chonburi-Pattaya Golf Festival 2010

開催期間:2010年5月~10月迄(毎週第一土曜日)
開催日:5月1日、6月5日、7月3日、8月7日、9月4日、
決勝10月2日(15箇所同時開催)

優勝者には、
ゴルフ場(15コース)の1年会員権 500,000バーツ相当と
サンティブリチェンライ・ゴルフパッケージ
(1泊2日・宿泊費、航空券含む)を進呈

その他、総額1,000,000バーツ相当の景品を用意

参加費:1,200バーツ~1,750バーツ(グリーンフィー含む)
※キャディ、カートフィーは含みません。
※お申し込みゴルフ場により参加費が異なります。
お手数ですが、事前にご確認ください。

ご予約・お問い合わせ:089-833-7094、089-833-7095 まで

「CBSP」の巻き

CBSP=COMMUNITY BUSINESS SUPPORT PROJECT
世界的な経済不況やタイ国情勢不安定などの影響でタイのゴルフ業界、観光業界が大打撃を受けてしまった2010年。タイから遠ざかってしまったゴルファーやタイにはまだ来た事がないゴルファーに、本当にタイという国がゴルフ天国である事を再度知ってもらう為に、スタートしたプロジェクトCBSP。
クラブタイランド・バンコク週報・バーンサムライ・パーゴルフの4社の代表があつまりまずは自分達がゴルフを楽しみながら色々なことを考えようと始った第1回CBSPゴルウカップに参加してまいりました。

ナコンコンパトム県のダイナスティゴルフが戦いの舞台なのですが、実はこちらのゴルフ場は私Bardyの大の得意コース!!クラブタイランド代表として来てますので他社には絶対に負けられません!!

大会ルールは4社から3名の代表者が出場し3組の対抗戦で戦います。
1組目はオリンピック対決、2組目はべスグロ対決、3組目はオネストジョン対決と各組の順位でポイントが決まり、総合点が多い会社が優勝となります。Bardyは1組目のオリンピック対決で出場決定!!

オリンピック対決は完全オリンピックだけの勝負になるので、スコアーは関係ありません。最近調子の悪いBardyにはもってこいパーオンは中々しないのでグリーン回りからちゃちゃっと寄せてポイントを頂きます♪
オリンピック対決組はバンコク週報の臼井氏、バーンサムライの石松氏、パーゴルフの前川氏とBardyは始めての対戦相手に少々緊張気味・・・。

我らがクラブタイランドチームはオリンピック組の私Bardyに続き、2組目のべスグロ対決にはクラタイ1のゴルフ馬鹿の井上

3組目のオネストジョン対決にはクラタイの隠し玉のダークホース神戸

大会当日は前日の大雨が嘘のような快晴になり、大会は各社代表が会社の名誉の為に本来の皆でゴルフを楽しもうコンセプトから少々はずれ気味な程、真剣に白熱した戦いが繰り広げられました。

白熱した戦いはバンコク週報の独走という結果で第1回大会が終了いたしました。
何とベスグロ以外は全て1位という好成績のバンコク週報は、2位に3ポイント差をつけて見事に優勝!!
私Bardyは惜しくもオリンピック対決でバンコク週報の臼井氏に破れ2位。。。

次回は2ヵ月後の7月17日を予定しているCBSP。会社の名誉の為に・・?いやタイゴルフ業界の復興の為に!!何とか優勝出来る様に大会を盛り上げていきたいと思っております!!ちなみに次回は私Bardyベスグロ組にエントリーしようかなと考えている今日この頃です。。
↓↓番外編【ポイントには関係ないですが見事に二アピン獲得の市原氏】

TOP