カテゴリー : 海外のゴルフ場

「Royal Trophy番外編」の巻き

暗いニュースばかりで始った2009年ですが、タイのゴルフ業界に明るいニュースが届きました!!

「Royal Trophy」に石川遼プロが参戦すると!!

流石のBARDYも石川遼プロにはお会いした事がありません。むしろ若干17歳にして既に雲の上の人というようなイメージを持っておりましたのでタイに来ると聞いた時はワクワクして寝れませんでした・・・・

日程は1月9日、10日、11日の3日間でアマタスプリングカントリークラブ。

実は私BARDYはアマタスプリングゴルフ場に入った事がありません。

是非とも一度ラウンドをしたいと思っているのですが、メンバーさんと知り合う機会が無かったので、今回のトーナメントで入場するのが始めて。。。

(やさしいメンバーの方がいらっしゃったら是非御一緒させて下さい!!)

ゴルフ場は高速道路を降りて直ぐの場所にあるので、実際バンコクからは40分程度で到着するので非常に便利。当日石川プロはシェラトンスクンビットにご宿泊という事で、毎日HOTELとゴルフ場を往復されていました。

本当はHOTELに行き石川プロを待ち伏せしたかったのですが、ちゃんとした試合という事もあり、あまりご迷惑はかけられないので初日は直接ゴルフ場に行くことにしました。会場は朝の9時からだったのですが興奮気味のBARDYはなんと8時に到着、、、、

VIPカードを持っていたのでクラブハウスには行けたのですが、まだスタッフの方たちしかいらっしゃいません・・・

「石川プロは何時ぐらいに来ますかね?」(BARDY)

「恐らく10時ぐらいじゃないですか・・・」(スタッフ)

「・・・・・・あと2時間ですか」(BARDY)

試合の為に忙しく準備されているスタッフの邪魔にならないように、まだ観戦客のいない試合会場の空気を満喫することに。。。

ゴルフ場内をうろちょろしていて気づきましたが、クラブハウスからのゴルフ場の風景がはっきり言ってやばいです!!「綺麗すぎ!!!!!」

本日のプロ達の熱い戦いをサポートしてくれるスタッフの方たちが、記念撮影をしているので、私BARDYもちょいと御邪魔させて頂きました。。

そうこうしているうちに、時計の針が9時半を越えていたのですが、まだプロは来ないだろうと余裕でゴルフ場内を散策していると、練習場の方からガヤガヤ沢山の声が聞こえます・・・

「やばい!!プロがもう来てしまった・・」

ダッシュです!!死ぬほどダッシュです。。。石川遼に会わなければ・・・・・

練習場に着いて私BARDYは唖然としました・・観戦されるお客様が石川遼が来るのを練習場で待っているではないですか。。。

誰もいない練習場を囲う人の数が若干異様な雰囲気ですが、そんな事も言っていられません。

「写真が取れるベストポジションを取らなければ」と、石川遼のファンと思われる大勢の女性のお客様をフェイントでかわし、何とか席確保。

10時すぎまで多くのお客様達と誰も練習をしていない練習場で待っていると、

来ました石川遼!!

流石!!一番乗りで練習場に登場です。。

素晴らしい成績を残しても、すごい金額の契約金や賞金を稼いでも天狗にならずに振舞うこの姿に何故か自分BARDYと重なります・・・

(えっ!?全然違うか!!)

その後は続々と他のプロが来て練習場は物凄いカメラのシャッター音の嵐に。。

試合中は写真撮影中止という暗黙の観戦マナーがあるので、この練習場に全てのこめるがのごとくのシャッター、シャッターシャッター・・・

しばらく眺めていると、物凄い出来事がBARDYの目に飛び込みます。。

ここのゴルフ場の練習場は300ヤードまで綺麗な芝で整備されているのですが、

300ヤードを越えるとその奥は大きな花壇になっております。

何が目に飛び込んできたかというと、石川遼のドライバーが・・・・・・・

何発打っても全てキャリーで300ヤードの看板を越えて花壇にボールが飛び込みます!!!!

「練習場で軽く打って全てキャリーで300ヤードオーバー。。。。」

凄すぎます。。この17歳のプロは・・・・

そんなこんなで観客全員が度肝を抜かれていると、我らがアジアチームのキャプテンの尾崎直道プロが登場!!

石川遼と熱い握手をしている所を見るとタイ人の私BARDYも胸が熱くなります。

「頑張れアジア!!」

石川遼はトップスタートだったので、一番最初に練習所を後にした瞬間に、驚くべき光景が、、さっきまでいた観客の半分以上が石川遼についていってしまいました。。。。

石川遼がいなくなった後の練習場は若干寂しげな空気が、、、、

その後BARDYは1番ホールの観客席に移動しようとするのですが、足が違う方向に動きます。。。「そっちはゴルフに関係がないよ~~~」

ハイネケンやトヨタのプリティーが会場内には沢山いるので、はっきりいってBARDYはデレデレ状態でした・・・・巧みなタイ語でトークを試みるのですが、

お客様との会話が禁止されているのか、ただ単にBARDYが嫌がられてるのか会話のキャッチボールをしてくれません。

気を取り直して1番ホールに行くと、、、、、面白いもの発見!!

しばらくすると、アジアチームキャプテン尾崎とヨーロッパチームキャプテンのオラサバルが登場!!両キャプテンが挨拶をし2009年のRoyal Trophyが開始致しました。1番スタートの石川遼の半端じゃないドライバーを見て我らタイ人の英雄のトンチャイチャイディーとプラヤットマークセンを取材に行くことに。

最終組でのスタートの二人はパターグリーンで調整中。。。

トンチャイチャイディーは結局チャンスがなくて接触が出来ませんでしたが、

マークセンに突撃で接触出来ました。

「頑張って下さい!!マークセンプロ」(BARDY)

「OK!!」(マークセン)

「でも何で今回自分は招集されなかったのですかね?」(BARDY)

「OK!!来年は一緒にプレーしようぜ!!」(マークセン)

という会話は全くなく、実際はサインをもらって終わりでした・・・・

全てのプロがスタートし3日間の熱い戦いが始りました。

途中経過等はTVでの中継されていたので皆様知っていると思いますが、

とにかく風に悩ませられながらプロ達が匠の技を駆使してこの難関コースを

攻略していきました。

タイ人の二人の活躍もあってアジアチームが見事勝利!!

「おめでとうございます!!」来年は是非とも選手側の立場で来たいなと

密かな野望を心に秘めた気がした3日間でした。

『Cambodia Golf』の巻

「MR.BARDYさんカンボジアでゴルフをして下さい」(クラタイ)
「えっ!!カンボジアでゴルフですか?場所は?」(MR.BARDY)
「アンコールワットです」(クラタイ)
「遺跡の街にゴルフ場があるのですか???」(MR.BARDY)
これが最初の正直な感想でした、、、、、

1日目
スワナプームから飛行機で約1時間でシェムリアップ空港に到着。
日本語が上手なガイドにお迎えをして頂いて、早速ゴルフ場に出発。

約15分でゴルフ場に到着。「早!!」
最初のゴルフ場は「SOFITEL PHOKEETRA ANGKOR G.C」

第一印象は想像していたイメージと違い凄く綺麗!!
クラブハウス、スタッフ、その他、全てにおいてタイのグレードAのゴルフ場と同じぐらいのクオリティー。

早速、戦闘服に着替えカンボジアゴルフ第1回戦を挑みに、、、
コースのイメージはタイのSUWAN GOLFに近いチャレンジコース。グリーンがとても良く止まるので私のへなちょこスピンでのピンをデットに狙う事が出来きるので非常に面白い♪
タイのゴルフ場はグリーンが固いゴルフ場が多いので、ピンの手前から狙うことが多いが、ここのゴルフ場は良くスピンが効くので久々に新鮮な上級者的ゴルフをエンジョイ?

カンボジア人のかわいいキャディーさんとBARDYのつたない英語で会話をしながら、ENJOY GOLF IN COMBODIA!

スコアーは39.42の「81」タイでゴルフするよりもスコアーがいいかも??

満喫ゴルフを終えガイドさんと一緒に本日の宿泊先の「ANGKOR PALACE SPA & RESORT」に向うと、、
「へー綺麗なHOTELだな」

HOTELには日本人のスタッフが常駐し色々な説明をしてくれました。
部屋はプールが見えるとても広いデラックスのお部屋。

HOTEL LIFEを満喫していると、ガイドさんが「アンコールワットに行きましょう」。確かに時計を見るとまだ昼の2時半。朝の便でカンボジアに来たからゴルフをして観光も出来る素晴らしい時間配分。
「よし!世界遺産のアンコールワットに行きましょう!!」
車に揺られること約15分でアンコールワットに到着。
「近!!」

ガイドさんの観光案内を聞きながらアンコールワット以外の遺跡も観光。
話によると太陽の光の関係で写真を撮るには、夕方がベストとの事。
朝から昼に掛けては逆光になる為、写真撮影には向かないのでこの時間が一番GOOD!!

遺跡観光終了後、街でカンボジア料理を堪能し明日の2箇所目のゴルフに備え就寝。満足な1日でした・・・・・

2日目
HOTELの優雅な朝食を満腹になるまで堪能し、カンボジア2回戦目のゴルフ場に出発!!
車に乗ること本日の戦闘場所の「ANGKOR GOLF RESORT」に10分で到着。
「早!!!!」
昨日とゴルフ場とは少し違ってクラブハウスも非常に近代的。。

OPENして約1年ですので、まだ建設中の部分もありますがゴルフをするには全く問題なし!!
早速、TEE-OFF「バンカーが多いんですけど、、、」&「池が多いんですけど、、」
昨日とは違って少し難しい、、でも楽しい♪

バンカーの砂が土地柄なのか小石が混ざっているので、バンカー特別5インチルール(BARDY考案)を適用しクラブが傷つかないように少し動かしてショットをしなければいけないのが面倒だが、それ以外はパーフェクトなゴルフ場!

ゴルフ場の責任者がたまたま居たのでご相談。。
「バンカーの石は今後何とかなりますか?」(MR.BARDY)
「早急に石を取り除く作業をしますので少々御待ち下さい」(責任者)

近々、石を取り除く作業をするとの事なので現在はBARDY特別ルールを適用するか、バンカーに入れないショットを打つしかない、、、、、、、、、、
しかし、フェアウェイは綺麗だし、レイアウトは面白いし、何と言ってもグリーンが良く止まる!!
いいゴルフ場だな~~~~~でもスコアーは80台後半と昨日に比べ残念な結果に、、
「また挑戦にしくるからな!!!」

ゴルフ場を後にし、市内で買い物や食事をしているとあっという間に帰りの飛行機の時間が、、、
ガイドさんが「BARDYさん飛行場に行きましょう」と、、
「何かもう少しカンボジアに居たいな。。。もう2.3日居たいな。。。」
しぶしぶ飛行場に行き、タイに帰る手続きを。。。

全ての施設間の移動が短時間で出来て、治安も安全、遺跡も素晴らしく、
ゴルフあり観光ありと非常に満足のカンボジア1泊2日のツアーでした♪

TOP