カテゴリー : ChiangMai & ChiangRai エリアのゴルフ場

『ALPINE GOLF RESORT CHIANGMAI』の巻

新年2回目の挑戦は昨年、Chiangmaiまで行ったがラウンドが出来なかったChiangmai地区最新の「Alpine Golf Resort Chiangmai」に挑戦状を頂きました。
バンコクのAlpine Golfはタイでゴルフをする方なら誰もが知っている超有名名門ゴルフ場!!の姉妹コースがAlpine Chiangmai。
コースメンテナンスやクラブハウス、カートやキャディーまで全てバンコクのAlpineと同等のクオリティーを誇るという噂!!
これは早速挑戦をしなければと、タイ航空に連絡しBardy特別割引料金にて航空券を手配。実際は割引にはなっていない正規料金・・・・意外とコネクションは無いBardy。。
Chiangmaiに到着し空港から直接ゴルフ場へ、今回の旅はAlpineのみの目的の為夕方便で直ぐにバンコクに戻る予定の0泊1日1ラウンドのBardy得意のスケジュール!!

早速、ゴルフ場に到着しBardyのバッグをキャディーさんに渡そうとした時、
「えっ?」何だかキャディーさんが不思議な視線を送ってきます。
何だろうこの空気はと考える事5秒。「あ~~!!」分かりました。
以前もカンボジアに行った時に感じた事があるこの空気!!
間違いありません♪
ハンサムなこの私Bardyを見てどこの芸能人が来たのかと驚いているのです!!

キャディーさんの熱い視線に送られながらクラブハウスに行くと、そこには記念碑みたいな所に多くのサインが記載されております。関係者なのかプロゴルファーなのか分からなかったのですが、このBardyはサインを求められなかった事が少々残念。。。。

戦闘服に着替えクラブハウスから外に出ると、Chiangmaiの山々に囲まれた広大なゴルフ場が目の前に・・・・Chiangmaiには素晴らしいゴルフ場が多々あるがAlpineはまた違った雰囲気のゴルフ場という第一印象。。
Bangkokから移動させてきたカートに乗り込み早速戦闘開始!!

とっスタートする前にAlpineならではの恒例のグリーンスピード確認。
Chiangmaiにもちゃんと表示看板があるか確認をすると、ちゃんとありました。
本日のグリーンスピードはちなみに9フィート。
8.4フィートが普通のグリーンなので本日は通常のグリーンスピードとなっているので安心。男子プロのトーナメントになると12~15フィートになる事もあるとの事。。。。私Bardyの過去最高に速いグリーンは13フィート!!
下りラインで少し触るだけでコロコロと坂の下まで転がる勢いで非常に難しかった記憶があります。でも本日は9フィートなので強気のパットでいきたいと思います。

若干肌寒いChiangmaiでの1打目は・・・・・・・・・何だかへなちょこな
スライスボール。写真のスイングを見て愕然。。。めちゃくちゃフェースが寝ているのでそりゃースライスボールになるよな~と反省。。。

コース内は意外と広かったり、林に入っても意外と打てたりするので気持ち的にイケイケドンドン(死語??)でかなりアグレッシブゴルフのBardy。
しかしここはAlpine。ただではバーディーを取らしてはくれません。BangkokのAlpineの様に巧みに池とフェアウェーのアンジュレーションが微妙にショットをぶれさせます。ここら辺がAlpineの憎い所で、目には中々映らない罠や、知らずにコーストリックに陥る設計。Bangkokの Alpineでもコースの左右前後にある木々の影響で目の錯覚が起こり真っ直ぐスタンスしているつもりが若干違う方向を向いていたりさせる、名門コースの凄い罠!!
ちなみにBardyはBangkokのAlpineを50回以上ラウンドしているがいまだにトリックにはまっています・・・・・

まだ新設コースの為、このコースを知り尽くしているキャディーさんが居ない為、二人三脚で何とかコース攻略に挑むが、中々甘くはないですAlpine!!
ゴルフ場に派手さはそこまで無いのですが、さすが名門Alpineと言いたくなるようなメンテナンス、設計、Etc………..全部ですね!!
私Bardyは派手なコースも好きですが、隠れた派手さと飾らない難しさを持つ山岳コースが非常に好きなのでこのAlpine Chiangmaiはつぼにはまります。
むしろ1週間ぐらいゴルフ場に泊まってコースを隅々まで知り尽くしてからバンコクに帰ろうかなと考えている今日現在です。。。。

本日の結果は43.46の89で何とか90台だけは行かないように出来たが、Alpineにしてやられた感が非常にあり、悔しいBardyはTGに連絡帰りの便を明日に変更してもらい、Alpineに宿泊し明日もう1ラウンドする事に決定!!
新築のAlpineホテルでゆっくりと本日の戦いの復習と明日の予習をシュミレーションしたいと思います。

『WATER FORD CHIANGRAI』の巻

私BARDYの北タイの最後の決戦の場、「Water Ford Chiangrai」にやってきました。
昨日はCGAで体も心もすっかり癒してもらい、本日最終決戦に向け準備万端です。

こちらのゴルフ場はとにかくOBに気をつけなければいけません。
私BARDYのように飛ばし屋の方は真っ直ぐ飛べば最高に面白いですが、左に右に
行ってしまうとスコアーはガタガタ・・・・・・・
でも本日のBARDYは一味違います。

一番はチャンマイで多かった初っ端のPAR5!!左は完全OBゾーン。
でも本日のBARDYは全く怖くありません。
何故なら身も心も完全に癒されているからです。まさにゾーンに入っています。

結果は朝一から連続OB3連発!!
1番ホールで12の大たたき。。。。。もうバンコクに帰りたいです。

でも山岳コースは最高に面白い!!
ショートカット有り、打ち上げ有り、打ち下ろし有りのエキサイティングゴルフ!!
1番で12を叩いた私にはもう怖いものはありません。
全てバーディー狙い!!相方のキャディーも私のオーラーにビビってあまり
話をしてくれません。

ここのゴルフ場はあまり噂にはなりませんが、実は非常に面白い!!
メンテナンスはグレードAとは言えませんが、景色とレイアウトが最高!!
Santiburi SamuiのようでSiam C.Cのようでもあり、Chiangmai High Landのようでもあり
LeamChabangみたいでもある。
結局凄く綺麗ということであるのですが、表現力の無いBARDYではこの表現が精一杯。

谷越えやドッグレッグが多い為、とにかく1打目が非常に重要!!
少しでも打ち損ねるとボールははるか谷底に行ってしまったり、林の中に行ってしまいます。

特に最終のINの9番は凄い!!
打つ場所が全く分からない。相方の言うとおり林の上を狙うのが非常に怖い。。。
でもいわれたとおりの場所に打って2打目に行くと突然目の前にクラブハウスから
続く綺麗な傾斜と噴水が飛び出す大きな池!!
是非、実際の目で確かめ実際に林越えショットを体験して下さい。

Chiangraiは現在2箇所しかラウンドが出来ませんが、全く飽きません。
むしろSantiburiとWaterFordで120%満足出来ます。
最近、Pattaya地区やKaoyai地区やChiangmai地区は韓国のお客様が多く
予約が取りづらいですが、Chiangraiはまだまだ穴場!!
本当に快適な至福のゴルフが可能です。これこそタイGOLF!!

TOP