カテゴリー : Phuket & Samui エリアのゴルフ場

「Red Mountain Golf Club」の巻き(後半)

自問自答の中迎えた13番。

あれっ??何だか記憶に残るこのホール・・・・・・そうです以前Bardyが始めてこちらのゴルフ場を訪れた時にこのホールが1番ホールだったのです。クラブハウスも完成し現在の1番ホールは以前の7番ホールですが。。。心の中に沸々と何か燃えるものがあります!!

守りのゴルフばかりしていたBardyですがここ以前の1番から気持ちを入れ替えて『攻めのゴルフ』をします宣言!!

もうティーショットでガトゥーイ(ユーティリティー)は使いません!!

右が林でも左が崖でも常にアグレッシブ!

『スワイーカー』相方からも絶賛のティーショット!気持ちを入れ替えた直後の300ヤードショット!

「やれば出来るじゃないか!!」と先ほどまでの守りのゴルフを悔やむあまり・・・・、思わず怒りの行動を。。

気持ちが吹っ切れたのか何故か、記念写真を撮りまくるBardy!

しかしこちらのゴルフ場名前の由来の通り赤い岩山が本当に多いのです。フェアウェーやレイアウトも物凄くて驚きますが、この岩山も初めて見ると中々圧巻です!!

太陽も顔を覗かせ、ゴルフ場の顔が変わり始めます。。非常に難しいレイアウトの14番パー3ですが、今のスーパーアグレッシブBardyに怖いものはありません。むしろ心に余裕が出来て朝日が映し出す綺麗なホール風景を楽しむ余裕があります。

風一つ吹かないこの無音のゴルフ場というのは本当に神秘的ですね♪

ここまで神秘的なホールはタイのゴルフ場ではここRed Mountain以外記憶がありません。プーケットに来たら、、いやタイに来たら絶対にラウンドしてもらいたいゴルフ場No1ですね。

若干左にそれたティーショットも落着いてアプローチを寄せ『ナイスパー♪』

13番に続く連続パーで完全に前半のネガティブな気持ちを吹っ切ったBardy。。

余談ですがゴルフって何でこんなにメンタル的な部分が左右するのでしょうかね?ゴルフが上手な人はB型が多いって聞いた事があるのですが本当に関係するのでしょうか?

15番パー4、赤い岩山を目指す打ち上げのホール。しかしここのホール気をつけなければいけないのが、『目の錯覚!!』合成写真の様なこの風景に距離感が非常に狂うのです・・。更にこの打ち上げ。。。Bardyはこの様な状況をダブル錯覚(ださい~)と呼んでいますが、本当に番手選びが難しい。。皆様↓↓を見て何ヤードと予測しますか??

15番もダブル錯覚に惑わされながらも、見事なパーセーブを決めた Bardy、本日最高の見せ場が現れます♪♪かのタイガーウッズはタイで3箇所のゴルフ場で優勝をしていますが、その全てのゴルフ場のパー4で1オンしています。恐らくここのゴルフ場で大会を開催したら間違いなくプロはこのホールワンオンで攻めてくるはず!!右ドッグレッグの301ヤード(黒ティー)

若干飛距離が足りずにグリーン手前50ヤードに落ちたティーショットでしたが、悪夢が2打目に訪れます・・・・。かるーく寄せればいいものを1打目にプロを意識していたからなのか、、、低いスピンの効いた止まるアプローチに挑戦したBardyのボールは見事にトップ・・・・。グリーンを越えその奥の崖に吸い込まれました。。。。

続く17番!!ゴルフ場も宣伝を多くかけているこのパー3!!今までラウンドしたゴルフ場でここまでの高低差のパー3は見た事がありません!!マジでやばいですこのパー 3・・・。155ヤードの表記ですが高低差を差し引くと何と120ヤード程度。その差35ヤード。。マジで凄すぎます!!

相方の-35ヤードを信じピッチングで軽めに打ったそのショットは?!

ピン横30cmの楽々バーディー!!Mr.Bogeyから再びMr.Bardyに襲名致しました。。

ちなみにティーグランドからグリーンに降りてくるのにもクネクネの坂道を利用してくるのですが、カート使用必須の意味が本当に分ります。。。歩きだったらと考えるとマジでぞっとします・・・。ここまでトリッキーでUP DOWNの激しいコースですが、カートを利用してのラウンド更にフェアウェー乗り入れOKという事で疲れは殆どないので、全てのショット集中できます♪♪

最終18番のロングもクラブハウスを目指しながら楽々のパーセーブという事で、13番から始めた心機一転ラウンドは6ホールで何とイーブンパー♪前半までは暗かったBradyと相方の顔も非常に清清しい顔をしています。ちなみにBardyの日本の諺で一番好きな言葉が『終わり良ければ全て良し』。。←ちなみにこの言葉って諺ですか??

最高の気分でクラブハウスに戻ってきたBardy、、ハイソに遅めの朝食をとろうとしてビックリ!!何がびっくりってクラブハウスからの景色が半端じゃないです!!この景色はパタヤのサイアムカントリープランテーションと匹敵するほど綺麗!!Bardyここに宣言します。ここRed Mountain Golf Clubは↓↓

* Bardyお勧めゴルフ場ランキング:No1
* Bardy再び行きたいゴルフ場ランキング:No1
* Bardy調査ゴルフ場メンテナンス度:No1
* Bardy調査ゴルフ場レイアウト面白さ:No1
* Bardy 調査ゴルフ場難易度:No1

見事Bardyゴルフ場ランキングの5冠を達成いたしました!!

<Red Mountain Golf Club  レッドマウンテン ゴルフ クラブ>

住所:33 Moo 5,Vichitsongkram Rd.,Kthu,Phuket 83120
電話 :076-321-929~34
【クラブタイランドゴルフクーポン:平日料金】

5.500B(グ リーンフィ1ラウンド)

【クラブタイランドゴルフクーポン:休日料金】

5.500B(グ リーンフィ1ラウンド)

blogram投票ボタン

「Red Mountain Golf Club」の巻き(前半)

プーケット戦線2日目!!
タイNo1ゴルフ場と噂されているRed Mountain Golf Clubに来ております。
昨日のBlue Canyonの結果はさておき、非常に清清しい顔でゴルフ場に乗り込んできた時間朝の5:30!!勿論ゴルフ場はまだOPENしておりません・・・・。

30分ほど待つとゴルフ場スタッフも徐々にやってきて、先ほどまで真っ暗闇だった所にゴルフ場の姿が徐々に現れます。
Bardyのスタートは6:30勿論第1組目のトップスタートです。1時間のウォーミングアップとイメージトレーニングで完璧な状態で2日目の戦いが始ります。

実はBardyこちらのゴルフ場は2回目。
前回来た時はまだクラブハウスも完成していなかったのですが、現在は全て完璧な状態のこちらのゴルフ場。丘の上に建つクラブハウスは数ホールが見渡せる造りになっており非常にモダンなデザイン。

早速、本日の相方と記念撮影を行い1番ホールのパー4からのスタートです!!
朝日がまだ昇ってない為、若干暗いコースですが左の林と右の林に気をつけてティーショットを!!

ゴルフ場の名前の通り赤い山を背景にもつこの1番ホール、最高のティーショットでスタートしたのですが早速2打目で事件が起こります・・・・・。

緊張しているのか、フェアウェーがまだ湿っている為なのかわかりませんが、、、、、、、、、、最悪の「シャンク」発生!!
既にグリーンで待機している相方が急いで目土を持って戻ってきます。

まだまだ始まったばかりですからシャンクの一つや二つで気持ちは折れません!!
むしろこのシャンクがきっかけで集中力が非常に高まってきたBardy!!
3打目をしっかり寄せてパーセイブ♪♪

続くパー5!!
久しぶりに見るこの景色に度肝を抜かれます。ちなみに写真右奥に見えるバンカーから先がドッグレッグになっており、右に曲がった後物凄い傾斜の上にグリーンがあります。ちなみにバンカーまでは約290yd。。Bardyのスーパードライバーでは楽々届く距離??ですがここは慎重にバンカー左側を狙っていきます。

左も右も林というのはこちらのRed Mountain Golf Clubでは普通!!
プレッシャーに負けない強い心が必要なこちらのコースですが、巧みな設計により逃げ道もちゃんと用意されているからプレッシャーに負けそうな時は迷わずクラブをチェンジし逃げ道を探し、遠回りしてでも安全策で行くのがお勧めです!。

ティーグランドからは分らなかった厳しい傾斜のフェアウェー。。
左足上がりや下がり、つま先上がりや下がりもこちらのRed Mountain Golf Clubでは通常・・・・・・・・・・。半端じゃないです!!

色々なホールから見える景色の凄さは、流石のBardyもこちらのRed Mountain Golf ClubをタイNo1と答えます。日本の山岳ゴルフ場でもここまでの景色が見れる所はあまり記憶にありません。。凄すぎです!!

6:30スタートのBardyまだ太陽に挨拶は出来ていないのですが、日の出前のゴルフ場も意外と神秘的という事をしり少々興奮気味。。
ちなみにこちらのドッグレッグのパー4、真っ直ぐ打つと奥の崖まで220ヤード。
ショートカットで右に打ちたいですが背の高い杉が右側に配置されている為、困難。。。フェードを打つ技術が無いBardyここは一旦逃げ道を選択肢、得意のガトゥーイで攻略していきます。

お次はこちらのパー4!!
左崖、右はブッシュ、、、緩やかなくだりのパー4ですがドライバーで攻めるには少々フェアウェーが狭いのです。。。。流石のBardyもこちらのホールでは驚きのあまりこんな顔に↓↓↓結局こちらもガトゥーイで安全策を。。

続くこちらの220ヤードのパー3
手前全てが池、、、、、太陽が若干姿を現してきたので非常に綺麗な写真が撮れたのですが、、ゴルフクラブを握るBardyの手はびびって震えてます。。パー3なのに右に一回逃げてからいきたくてしょうがないBardyですが、流石にパー3で2オン狙いもかっこ悪いので再びガトゥーイ使用。。。

お次はこちらのパー4!!
グリーンまで約310ヤードの打ち下ろし。。しかしグリーンの手前には池が。。
すかさずガトゥーイを選んだBardyですが、、、、前半殆どのホールで逃げ道を選んでいる事に疑問を持ち始めました。。。「マンブリ命」が今年のテーマだったはず。ゴルフ場のプレッシャーが凄いからって逃げのゴルフばっかするのなら、命名してMR.BOGYにしろ!!って自問自答し始めます。。。。

「Red Mountain Golf Club」の巻き(後半)に続く

<Red Mountain Golf Club  レッドマウンテン ゴルフ クラブ>

住所:33 Moo 5,Vichitsongkram Rd.,Kthu,Phuket 83120
電話 :076-321-929~34
【クラブタイランドゴルフクーポン:平日料金】

5.500B(グ リーンフィ1ラウンド)

【クラブタイランドゴルフクーポン:休日料金】

5.500B(グ リーンフィ1ラウンド)

TOP